コンクール

3
宗次エンジェルヴァイオリンコンクール

コンクール開催日程

2010年12月24日(金)
応募、及び録音審査受付締切(録音審査料振込締切)
2011年1月24日(火)
録音審査結果発表
2011年2月18日(金)
コンクール参加料振込締切
2011年3月14日(月)
出場者全体集合(必須)/前夜祭・記念コンサート
2011年3月15日(火)
第1次予選第1日
2011年3月16日(水)
第1次予選第2日
2011年3月17日(木)
第2次予選
2011年3月18日(金)
審査員による特別公開レッスン
※会場:TNMホール(宗次ホール7階)
尚、公開は会場の都合により、関係者とコンクールの全出場者、及びその同伴者に限らせて頂きます。
悪しからずご了承下さい。
2011年3月19日(土)
本選・表彰式
(指揮:円光寺雅彦 中部フィルハーモニー交響楽団)

コンクール会場:宗次ホール(〒460-0008 名古屋市中区栄4-5-14)

審査委員

審査委員長
シュロモ・ミンツ Shlomo Mintz
審査委員
  • フェリックス・アーヨ Felix Ayo
  • ソンシク・ヤン Sungsic Yang
  • ヴェラ・ツー・ウェイ・リン Vera Tsu Wei-Ling
  • 原田幸一郎 Koichiro Harada
  • 澤 和樹 Kazuki Sawa
  • 中澤きみ子 Kimiko Nakazawa

審査委員の変更について

第3回宗次エンジェルヴァイオリンコンクールの審査委員であるソンシク・ヤン氏は東北関東大震災発生と、それに伴う福島第一原子力発電所のトラブル発生の後、13日に来日し、14日の宗次ホールでのコンサートにも出演いたしました。

しかし、その後の被害状況悪化による韓国外務省からの通達に従い15日の朝帰国したいという申し出があり、審査委員会は熟議の上これを承諾いたしました。
また、ソンシク氏の審査員辞退による欠員については、現状の6名でも国際的なコンクールの審査員人数規定を十分満たしていることから、代理審査委員を補充せず、一次審査開始から本選まで残る6名で審査を行うことと決定いたしました。

尚これによる審査方法、規定の変更はありません。

審査規定

  1. 審査委員は、出場者のうち過去2年以内に3ヶ月以上自己に師事したことのある出場者については、採点・多数決に参加することは出来ません。
  2. 審査委員と出場者は、第1次予選開始から「出場者」である間は接触してはなりません。これに違反した場合は、双方失格となります。
  3. 審査委員会の決定には、いかなる異議・不服・申し立ても許されません。
  4. 録音審査は、国内審査委員のみで行います。

お問合せ先

宗次エンジェル ヴァイオリンコンクール 東京事務局

〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-29-7-401 コンサートオフィスアルテ内
TEL:03-3352-7310 FAX:03-3352-1665
e-mail:info@musicalte.com

特別公開レッスン

3月18日(金)に審査委員による特別公開レッスンを行います。
対象者は本選出場者以外の第2次予選出場者とし、無償で行われます。詳細は、コンクール参加者決定後にお知らせいたします。

課題曲

※演奏は第2次予選の 2.のソナタ以外は全て暗譜とします。

録音審査(MD/CDにて提出)

  1. バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第3番BWV.1006より第1楽章
  2. 下記3曲より任意の協奏曲の第1楽章(カデンツァは任意のもの)
    • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
    • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
    • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219

第1次予選

  1. J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第3番 ロ短調 BWV1006 より 第1楽章Preludio、第2楽章Loure(リピート無)、及び第3楽章Gavotte en Rondeau(リピート有)
  2. イザイ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番「バラード」

第2次予選

  1. 下記3曲より任意の協奏曲の第1楽章(カデンツァは任意のもの)
    • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
    • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218
    • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調 K.219
  2. 下記3曲のヴァイオリン・ソナタから任意の1曲
    • ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調 Op.100
    • ブラームス:ヴァイオリンソナタ第3番 ニ短調 Op.108
    • シューマン:ヴァイオリンソナタ第1番 イ短調 Op.105
  3. 演奏時間8分~12分のヴィルトゥオーゾ作品(複数曲でも可)

本選

下記4つの協奏曲より任意の1曲(カデンツァは任意のもの)

  • ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.61
  • メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
  • チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
  • ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77

賞及び特典

第1位

ヴァイオリン2年間貸与

A.ストラディバリウス「レインヴィル」 1697年

副賞

賞金 50万円

第2位

ヴァイオリン2年間貸与

M.ベルゴンツィー(EX.ミンツ) 1764年

副賞

賞金 30万円

第3位

ヴァイオリン2年間貸与

G.F.プレッセンダ(EX.シュルツ) 1831年

副賞

賞金 20万円

第4~5位
各賞金10万円

第1位~3位入賞者特典

  1. 前回に引き続き第1位を受賞した場合、A.ストラディヴァリウス「レインヴィル」の貸与期間を5年間に延長します。
  2. 2012年に宗次ホールで行われる受賞者記念コンサートへの出演。
  3. 入賞者が入賞年度を含めて2年間に単独でリサイタルを行う場合、一公演に限り規定に定める範囲でその公演に協賛します。
  4. 希望する国際音楽コンクール・講習会への参加する場合、希望に応じて規定に定める助成を行います。

第3回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール入賞者による
ガラコンサートのご案内
~ 副賞として貸与された名器による演奏 ~

東京公演
2012年3月30日(金) 会場:トッパンホール
名古屋公演
2012年3月31日(土) 会場:宗次ホール